2004年05月19日

『約束』

え〜、以下の文章は『約束』にハマりにハマって絶好調!だった時に書いたものです(笑)
今、読み返すとものすっごーく恥ずかしいですが(恥)
優しい目で見て頂けたらなーと思います。どうか大目に見てください(涙)




『約束』(98年)韓国映画
監督:キム・ユジン
promis
出演
コン・サンドゥ:パク・シニャン
チェ・ヒジュ:チョン・ドヨン



正直言って、典型的なメロドラマで目新しさはないんですよねー。
見る人が見れば手垢のついた、どうってことない内容でしょう。
しかしこの作品は私の琴線に触れるというより、かなり強く揺さぶるのです。
なぜか?好きに分析も理由もいらないと思いますが、あえて言うなら
ありえないシュチェーションとキャラクターでしょうかね〜
違う世界の二人、大人の恋、結ばれぬ運命.........
言葉にすれば余りにも陳腐でこっぱずかしさ満点ですが(笑)
パク・シニャンとチョン・ドヨンの二人が演じると
不思議と説得されてしまうのは“愛は盲目”の類いでしょうか。
特にパク・シニャン演ずる組織の若きボス【コン・サンドゥ】を
韓国映画すべてのキャラクターの中で最も愛しています。
頭のキレる冷酷な組織のボスでありながら、恋愛沙汰には不器用.......
そんな男いる訳ないじゃん!ですが(笑)いないからこそ“理想”なのです。


日本未公開はもとより、DVDに字幕はナシ。
以下の文章はネット上で調べたあらすじと作品を観た際にだいたいこんな感じかな〜という
話の展開を自分なりに肉付けし、それをさらに空想、想像、妄想で広げたものです(笑)
韓国語は全く皆無。よって勘違い、間違いは当たり前なので御容赦を。
好きなシーンをより細かく、解らないシーンはそれなりにご紹介。
まあ適当ですね〜(笑)











続きを読む
posted by きえ at 00:00| Comment(4) | パク・シニャン@映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。