2004年05月20日

『ホワイトバレンタイン』DVD鑑賞

買ったDVDを半年くらい放置していたが『約束』を観たら
すっかりパク・シニャン熱に侵されてしまい
そういえば我が家にあったはず....と慌てて観てみる。

小学生のチョン・ジヒョンが大人のフリをして兵役中の青年(パク・シニャン)と何年か文通をする。
高校生になったある日、文通相手が突然訪ねてくる。
年齢をごまかしていたため会いたくても会えず、すっぽかしてしまう。
それ以後、相手からの連絡は途絶えるのだった。
それから数年後、チョン・ジヒョンの住む街に偶然文通相手が越してくる。
お互いに文通相手とは気付かない......

えー冷静に物語の中に入れません(笑)
もうストーリーよりもパク・シニャンの長髪が気になって、気になって。
だからー ビジュアルって大事だよー 似合う似合わないってあるもん。
初っぱなの電車内と回想シーンの髪型がベストなのよー
長髪はダメだよ〜!でもメルヘンには長髪が似合うのかー。←なんだこの理由!(笑)

パク・シニャンは基本的にソフトな役が似合うと思うの。
心に傷を負った役や、やりきれない時に飲んだ後の酔っぱらった演技なんて最高だし
セリフのない、表情だけの繊細な演技も光ります。
が、しかし正直言っちゃうとキレた演技をする時が一番魅力的に見えるんだよね〜。
繊細さと狂気。この二つを兼ね備えた芝居を観ちゃったワタクシはかなり重症です。

「夢の中でもいいから、酔いつぶれた夜にでもいいから、たった一度でいいから会いたいんだ」
こんな独りごと言ってたら抱き締めたくなっちゃうよー。
チョン・ジヒョンが肩貸したくなるのも納得。

チョン・ジヒョンにつきまとう、ストーカーの大学生は
ヤン・ドングンだよ!全然気付かなかったよー。
だから、見た目が大事だよ見た目(笑)もうみんなロン毛はやめようよ〜

お口直しにまた『約束』でも観ようっと(笑)
posted by きえ at 00:00| Comment(0) | パク・シニャン@映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。