2004年09月13日

がっかりぃ〜

本日、発売の日刊スポーツ記事より。
『パリの恋人』を放送権料7000万で日テレ獲得。
韓国ドラマの放送権料としては過去最高額。

韓国では放送開始直後の6月から日本テレビ、フジテレビなどの
複数の民放局が名乗りを挙げ韓国SBSと交渉を重ねてきた。
最終的には韓国ドラマの放送枠を週に4回確保している
日本テレビに落ち着いた形だ。
同局では今後、翻訳作業、声優の調整を進め、来年初めに
現在放送中の「ドラマチック韓流」(月〜木曜午前10時3分)の中で放送する予定だ。


ものすごーく脱力。まあカットはあるだろうなーと思っていたが吹替えかよ〜(怒)
ちょっと観る気が失せる。
日本版のDVD発売してもらって、字幕付きで楽しもうかな〜
でも気になるからOAはチェックするけど(笑)

paris



日刊スポーツ日本語版9/13
BUNKAKOREA日本語版9/13
朝鮮日報日本語版9/13
ETN TV9/13

続きを読む
posted by きえ at 12:41| Comment(14) | パリの恋人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『パリの恋人』DVD

『パリの恋人』DVDは予定通り20日に出荷される模様。
日本語の通販サイトでは韓国サイトとは違い
“日本語字幕付き”と言及されてません。
うーん、付かないと思うんですけどね〜。
期待しないで待つことにします。

paris


スターニュース9/12
BUNKAKOREA日本語版
innolife日本語版
posted by きえ at 02:37| Comment(8) | パリの恋人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出会い

ワタクシが初めてパク・シニャンの存在を知ったのは
2000年韓国文化院主催“韓国映画特選”という上映会での『手紙』
まだまだ韓国映画を観る人は少なくて、無料上映であるにもかかわらず
会場へ20分前に到着しても7人しか並んでなかったですねー。
作品としては、ようできたメロドラマだなーって感じで
チェ・ジンシルは知ってるけどパク・シニャンって誰?状態。
可もなく不可もなくフツーに観ましたね〜 でも顔と名前はいっぺんで覚えました。
演技が熱いというかクサイというか、ギリギリな人だなーと思ったもので(笑)

letter



続きを読む
posted by きえ at 01:04| Comment(30) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。