2004年07月06日

パク・シニャン効果

9日に公開を控えている『達磨よソウルへ行こう』は
大都市で一般試写会を開催中。
パク・シニャンはカメオで1シーンのみの出演だが
彼が登場すると歓声がわき起こるそうだ。
『パリの恋人』の人気と関係あり。
韓国ではパク・シニャン人気復活!って感じでとらえられているのかしら?

050812i.jpg

            ↑これは『達磨よ遊ぼう』
スポーツソウル7/6
スポーツトゥディ7/8
posted by きえ at 16:56| パク・シニャン@映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。