2005年08月23日

シネマコリア2005

8月20,21日、イイノホールにてシネマコリア2005開催。
パク・シニャンがカメオ出演している作品『達磨よソウルへ行こう』見てきました。
どういうセリフを言ってるのか確認してきました〜って感じでしょうか(笑)

daruma050820.jpg



1位『どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるホン班長』

ただただホン班長のキャラクターに尽きますね〜ツボです(笑)
口うるさく、説教ばっかりで小舅のようなんですが、働き者。
不動産の仲介から始まり、内装も手がける。
出前を頼めばオカモチ持って現れ、バイク便でワインも届ける。
コンビニ、レンタルビデオ、果てはレストランでの弾き語りまで。
しかもケンカも強い!こんな男、女がほっとく訳ないのですがなぜか独り者。
でもその理由を聞けば、もっと愛おしくなるのです。

キム・ジュヒョクとオム・ジョンファの掛け合いも楽しかった一因。
酔ったオム・ジョンファが「私は別の星から来たお姫様。いつか王子様が
迎えにくるの」と言えば「これ以上罪もない地球人を苦しめるな。
さっさと自分の星に帰れ」と切り返す。爆笑。

上映後のティーチインで監督が「来年、もしかしたらドラマ化するかも」と!
あのキャラクターをもっとじっくり掘り下げて欲しいです。
素晴らしきキャラ“ホン班長”最高(笑)



2位『大韓民国憲法第1条』

全然期待しないで見に行ったのですが、思わぬ拾いものでした。
笑えて泣けてすっきり爽快とでも言うのでしょうか(笑)
えーありえないよ〜と思いつつも、最後はがんばれ〜って思っちゃったりして
まんまと作品に乗せられたって感じです。
でもイヤな感じはしないんですよね〜後味すっきりな映画です。


3位『黄山ヶ原』

韓国の歴史に疎いので、時代背景がイマイチつかみ切れませんでしたが
面白かったです。
パク・チュンフンとチョン・ジニョンの二人の将軍も良かったのですが
名もなき農民兵イ・ムンシクが一番良かったです。
この人『ホン班長』以外の三作品に出ていました。
今回のシネマコリアは“イ・ムンシク祭り”でした(笑)


4位『達磨よソウルへ行こう』

普通に面白かったです。
パート2なので、どういう展開になるか読めちゃうんですよね〜
出てくる役者はみんな良いです。
ただ設定を変えただけで前とちっとも変わらない印象です。
まあパート2だからしょうがないのですが....
他の作品が面白すぎってことですかね。


シネマコリア2005公式サイト
posted by きえ at 13:41| パク・シニャン@映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。