2004年10月11日

しなやかなカリスマ パク・シニャン

AD TIMES10月号の記事を翻訳機に通したまんま転載しちゃいます。
ええ、手抜きですとも!(開き直り!)
褒めてんのか貶してるのか、相変わらずの怪しい日本語なので判断不能って言うか
もう今日のワタクシはダメですぅ〜 集中力ナシ。
こんな長いのじっくり読んでられませーん。
ご勘弁を〜 はぁ〜。


park




AD TIMES サイト


人気が多い位言葉も多かったドラマ <パリの恋人>の終映を後にして, 広告界では息をつくひまもなしにパク・シンヤンのドラマの中キャラクターを十分活用した広告が幾列にも来た・エアされている. GM大宇マグナスと LGカードそして愚迷建設などは劇中寒気株社長のジェントルしたイメージを広告に借用することで企業のブランドイメージを一緒に浮かべるための野心を燃やす挑戦を始めた.

億台 CFモデルで大当り上昇
50%を飛び越える驚異的な聴視率を誇って大詰めの幕を閉じるのが恐ろしく今度は CFで縦横無尽活躍するパク・シンヤンの姿が目に走る. これがちょうど今年最高のドラマと言うに値する <パリの恋人>で財閥家のメノナム, カリスマ寒気株の姿を演技したパク・シンヤンの力だ. ドラマの終映で週末夜の空白を埋める道なくてパニック地境に至ったという幾多のパリゼンヌドルのためにでも広告界の ‘パク・シンヤンシンドローム’は予定されたのだった.
今度ドラマ以後彼が引っつかんだ幸運たちをよく見よう. ドラマでパク・シンヤンが社長職を演技した GD自動車は <パリの恋人>の株スポンサーだった GM大宇だった. ところで劇的なことはパク・シンヤンがこの GM大宇の実際広告モデルになったのだ. パク・シンヤンは今度広告契約で GM大宇が最近製作した 2005年型 ‘L6 マグナス’の広告モデルに選発されて 3ヶ月に 2億 5千万ウォンのモデル料を提議受けた. 引き続き中堅建設業社である愚迷建設の代表ブランド ‘ウミイノ−スビル’の広告モデルで 1年間 6億ウォンに契約を結んだ. 一方パク・シンヤンが専属モデルで活動した LGファッションマエストロはパク・シンヤン衣装を協賛した結果ドラマの成功に負って販売実績において驚きべき效果を見たし, これはすぐ再契約につながった.
パク・シンヤンを向けた広告界のラブコールはここで終わらなかった. 今度にも LG系列である LGカードで, モデル料は 5億~6億ウォン線でカード業界モデルの中最高待遇であることと知られた. パク・シンヤンはこういうわけでドラマ終映後 13億~14億ウォン以上の CF収入をあげた.

パク・シンヤン效果の終りはどこまで
市役所前芝広場でピアノを弾いて恋人のための一様な心を表現するパク・シンヤンの姿が不慣れではない. ‘愛しても良いでしょうか’で ‘君と永遠に’で歌詞だけ変わったの, 黒い色グランドピアノの前に座って目をじっと甘苦歌う姿は確な <パリの恋人> クライマックスの一場面だ. LGカードはその間の不実経営を踏んで新しい出発の意味で ‘ニュースタート経営’を企業スローガンで掲げて, 目立つ優良株 ‘パク・シンヤンの力’をムギサムよ野心を燃やす再起を狙う. その間 LGカードキャンペーンはイ・ヨンエやジョン・ジヒョンなどビックモデル戦略を使って来たし, 今度パク・シンヤン起用も同じな脈絡と見える.
パク・シンヤンのドラマの中キャラクターを広告にそのまま借りて来た事情は GM大宇も同じだ. GM大宇は 2005年型マグナスを出市しながら高品格中型車のイメージときっかりあうモデルを苦心する中パク・シンヤンをモデルに決めたと言う. “ドラマでマグナスを駆って通うパク・シンヤンが実際に広告モデルになったら, 2年間広告を休んだマグナスの認知度向上側面で效果的なこと”というのが GM大宇の観測だった.
一方, 今度新しく来た-エアされた LGファッションマエストロも大きく寄主スタイルから脱していない. こぎれいなスーツ身なりのパク・シンヤンがジェントルマンのスポーツフェンシングを楽しむ姿で一気に彼が寒気株なのを見抜くことができた. しかしマエストロの場合はパク・シンヤンが既存の専属モデルで活動の中だったし, 彼ばかりのキャラクターをどの位取り揃えていたりした. もちろんマエストロが今度ドラマの成功とともにブランド認知度が急浮上する效果を見たことは事実だ. パク・シンヤンがドラマで着て出た高級なスーツファッションゾンボルを協賛することでブランド自らのイメージまで高級になったという評価だ. しかしマエストロはここに止めないで, 去る 2年間紙くず期に入って行った TV広告まで新たに来た・エアしながらまともにシナジー效果を狙っている.

利口な俳優の安全な選択
‘演技派俳優’という賛辞を受けるだけパク・シンヤンは多様なキャラクターをまともに消化することができる俳優に明らかだ. しかし彼が今までして来た広告は彼の名声にふさわしくない時が多かった. 常におっつかっつな姿の広告が彼が違うイメージで変身するには障害と作用することができる. もちろん広告が既存のイメージを借用してシナジー效果を見る場合も少なくないが, 時には広告を通じて新しいイメージを作って行ったりする. パク・シンヤンが演技派俳優と特徴消される理由は違うのにない. 彼が多様な顔を持った俳優だからだ. そんな彼が広告だけは一様な姿のみを見せてくれる. 彼は柔らかくて, 粹で, 指摘で, 気ばたらきあって, タフで, セクシーで, グィヨブギまでするとしても言葉だ. もうパク・シンヤンという俳優のモデルとしてのキャラクターをより多様化する必要がある. 映画 <キリマンジャロ>や <犯罪の再構成>のように, 広告の中でも限りなく模範的やあるいはドラマのキャラクターとしてだけ生きているモデルではないどこに目立つかも知れない彼ばかりのヤヌス的魅力を発散するのを期待して見る.


park



AD TIMES10月号より転載
posted by きえ at 22:27| Comment(2) | パク・シニャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>‘演技派俳優’
> 彼が多様な顔を持った俳優
> 彼は柔らかくて, 粹で, 指摘で, 気ばたらき あって, タフで, セクシーで,
> 広告の中でも限りなく模範的やあるいはドラマのキャラクターとしてだけ生きているモデルではない

よく解らなかったけど 褒めてる言葉と思われるのだけで 俳優としてしての実力を
広く深く認知されたのだと解釈して ワタシ的には この記事は褒めてるのだろうと 
思いたい・・・・・
Posted by Yaーya at 2004年10月12日 02:12
Ya-yaさん!ありがとうございます。
今、改めて読んでみると、褒めてはいますが
パク・シニャンにはもっと多様なキャラクターを
演じて欲しいみたいなことを言っているような気がします。
私もそう思います。
何でも演じられる人だと思うので、もっといろいろなキャラクターが見たいです。
早く映画に出て欲しいですね〜。
Posted by きえ at 2004年10月12日 23:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。